試算」タグアーカイブ

太陽光発電の1年間の発電実績と、導入前に行った利益(不労所得)算定のための試算との比較

太陽光発電システム設置後、丸々1年間(1月から12月)の発電実績データが得られたので、導入前に行った試算(シミュレーション)との比較をしました。試算の際に設定した各要素の値(パラメータ)が適切だったかどうかを検証するのが今回の狙いです

太陽光発電の1年間の発電実績と、導入前に行った利益(不労所得)算定のための試算との比較イメージ

丸々1年間を通した実績値は、発電電力量:4636kWh、購入電力量3924kWh、売電電力量3360kWh、消費電力量5200kWhです。 なおデータは「こちら」にあります。

最も重要な実績値は、年間を通した発電電力量です。なんといってもここが収入に直結しますからね。

<結果> (試算)4490kWh (実績)4636kWh

幸いなことに、実績が試算を3%ほど上回りました。年間を通じた日射量の年次ごとのばらつきもあるでしょうが、結果を見ると、とりあえず一安心といえます。

 

次に、1か月あたりの電力の自家消費量です。現時点では年間発電電力量ほど収支へのインパクトはありませんが、固定価格買取制度終了後にはパラメータとしての重要度が上がります。

<結果> (試算)100kWh (実績)106kWh

数字の上では実績が試算を6%上回ることとなりましたが、この数値は家庭内での電気の使い方に大きく左右されるため大差なしとして試算は成功していたと評価できます。なお、実績値の計算方法は、

4636kWh (発電電力量)-3360kWh (売電電力量)=1276kWh(年間自家消費量)

1276kWh (年間自家消費量)/12=106.3kWh(月間自家消費量)

となります。

1年間の発電実績と、導入前に行った試算との比較結果はほぼ一致していたので、試算(シミュレーション)の有効性が確認されました。固定価格買取制度終了後の動向について試算を行う際のパラメータとして活用すべきであると考えます。