発電」タグアーカイブ

太陽光発電システムの発電実績(設置後の1日間)

太陽光発電システムの設置工事が完了し、試運転も完了し、実用運転がいよいよスタートしました。梅雨の明けきれていない少し微妙な時期ではありましたが、朝から天気は非常によく、たくさん発電してくれるであろうことに大きな期待を持ちました。

1日の発電量です。晴天のため良く発電しています。

1日の発電量(ソーラーフロンティア株式会社「フロンティアモニター」より)

上のグラフは、設置後のこの1日(0時00分から23時59分まで)の「発電した電力量(太陽光で発電した電力量)」、「買った電力量(電力会社より購入した電力量)」、「売った電力量(電力会社に売った電力量)」、「消費した電力量(家庭で消費した電力量)」の4種類をそれぞれの色で1時間ごとに示しています。

太陽の出ていない、5時以前及び19時以降の時間帯は、「消費した電力量」=「買った電力量」となります。

太陽の出ている、すなわちシステムが発電する6時以降18時頃までの時間帯は、「発電した電力量」から「消費した電力量」を引いた残りが「売った電力量」となっています。特に朝の7時を過ぎますと、発電した電力量の大半を売ることができています

 

この日に発電した電力量は22.55kWでした。売った電力量は18.44kWでした。売電単価は35円/kWですから、収益は売電分のみでも650円程度となりました。実際には自家消費分の一部も太陽光発電でまかなっていることになりますから、それもあわせると経済的メリットは700円を超えることになりました。毎日がこの様な感じでしたら、初期投資の100万円は4年以内に回収することができます(毎日が快晴だといいですね。雨が降るのは夜だけとか・・・。しかし日照時間の短い冬の時期もありますから現実には無理です)。

幸先のよい滑り出しにたいへんうれしく思った次第です。また、導入したソーラーフロンティアのCIS系の太陽電池は、太陽光を受けることによりさらに発電量が伸びるとのことですから今後にも大きな期待が持てるようです。今後の変化についても注意深く見守っていきたいと考えています。


太陽光発電システム設置工事の状況(発電状況表示モニタ等の設置)

家庭用の太陽光発電システムといえば、屋根の上に設置されるパネルの印象といいますかアピール度が最も高いのですが、周辺機器の存在も重要で忘れてはならないと思います(まさに縁の下の力持ち)。

太陽光発電状況表示モニタ

太陽光発電状況表示モニタ

住宅の外部でパネルが設置されているのと同時並行しながら、住宅の内部では接続箱から先の電力配線、パワーコンディショナ、連系ブレーカ、発電監視用のモニタ、及びそのサーバ等が設置されていました。
発電監視用のモニタは、7インチカラーディスプレイ・タッチパネルの搭載されたアンドロイドベースの端末で、サーバとの通信は無線にて行います。また、このサーバは宅内にもとより設置してあったネットワークを介してインターネットにつながり、日々の発電量等のデータがメーカー側のサーバに蓄積されることになります。したがって、宅外にいるときでも手持ちのスマートフォン等を利用して発電状況等の監視が可能です。

一時間毎の発電力量、消費電力量、売電力量、買電力量がわかりますから、発電システムの不具合や電力の使い方、天気の状況なども知ることができます。また、経済的メリットを金額で表示できますから、モチベーションも上がります。

買電及び売電用のメーターボックス

買電及び売電用のメーターボックス

住宅外壁のもともとの電力量計収納ボックスは、ふた回りほど大きなものに取替えが完了していました。ボックスの左側はこれまでも使用してきていた買電用の電力量計が収められており、ボックスの右側の空きスペースに売電用の電力量計が今後設置されます。この売電用の電力量計は電力会社が概ね数日のうちに設置することになっており、設置後に「太陽光発電からの電気受給契約」が締結され売電が開始されることになります。つまり、電力会社側の処理が終わらなければ、発電してもお金として回収できません。


太陽光発電の1年間の発電実績と、導入前に行った利益(不労所得)算定のための試算との比較

太陽光発電システム設置後、丸々1年間(1月から12月)の発電実績データが得られたので、導入前に行った試算(シミュレーション)との比較をしました。試算の際に設定した各要素の値(パラメータ)が適切だったかどうかを検証するのが今回の狙いです

太陽光発電の1年間の発電実績と、導入前に行った利益(不労所得)算定のための試算との比較イメージ

丸々1年間を通した実績値は、発電電力量:4636kWh、購入電力量3924kWh、売電電力量3360kWh、消費電力量5200kWhです。 なおデータは「こちら」にあります。

最も重要な実績値は、年間を通した発電電力量です。なんといってもここが収入に直結しますからね。

<結果> (試算)4490kWh (実績)4636kWh

幸いなことに、実績が試算を3%ほど上回りました。年間を通じた日射量の年次ごとのばらつきもあるでしょうが、結果を見ると、とりあえず一安心といえます。

 

次に、1か月あたりの電力の自家消費量です。現時点では年間発電電力量ほど収支へのインパクトはありませんが、固定価格買取制度終了後にはパラメータとしての重要度が上がります。

<結果> (試算)100kWh (実績)106kWh

数字の上では実績が試算を6%上回ることとなりましたが、この数値は家庭内での電気の使い方に大きく左右されるため大差なしとして試算は成功していたと評価できます。なお、実績値の計算方法は、

4636kWh (発電電力量)-3360kWh (売電電力量)=1276kWh(年間自家消費量)

1276kWh (年間自家消費量)/12=106.3kWh(月間自家消費量)

となります。

1年間の発電実績と、導入前に行った試算との比較結果はほぼ一致していたので、試算(シミュレーション)の有効性が確認されました。固定価格買取制度終了後の動向について試算を行う際のパラメータとして活用すべきであると考えます。