業者の選定方法」カテゴリーアーカイブ

さらにお得に太陽光発電を設置するために

太陽光発電 海の風景

前回のプロセスにおいて最終的な2社を絞り込んだわけですが、最終プロセスにおいてどちらにするか決定しなければなりません。

ちなみにこの2社は、地域密着型の業者さんでした。実は、首都圏や関西圏を中心とする比較的大手の業者さんは受注高も多く、スケールメリットがありそうだから安い見積もりになるのではないか?と期待しておりましたが、価格面での優位性はそれほどでもないことに加え、メールやFAXのみでは意思疎通をとりづらいこともありました(例えば、各機器の希望設置位置について事前に相談するも返事があいまいだったり、こちらから提示した仕様と全く異なる提案があったりなど)。

しかし検討をはじめて月日が経過したこの時点になりますと、メーカーごとの製品研究も進み、どのメーカーのどの製品にしたいかあらかた決まりつつありました。

したがって、最終的な見積もり条件は、ソーラーフロンティア製ソラシスネオ3.4または3.6kW、10年間の定期メンテナンス付き、工事費、申請費等を含む総費用ということでお願いを出しました。

そして、数度の価格交渉の後、総合的に良いと判断した会社に設置をお願いすることとしました。この会社では、価格が安かったことはもとより、性能保証、自然災害補償、工事補償は当然として、パネルの定期清掃が10年間毎年セットされていることが大きな決め手でした。

安定した発電のためにはパネル面の清掃や外観点検は必須だと考えています。しかしながら年一度屋根に登って自分でパネルを清掃点検するのはリスクが大きいですからね。


業者をしっかり選定して太陽光発電を安く設置しよう

基本中の基本は、「多数から比較すること」です。

太陽光発電 海の風景

もう一度言います。基本中の基本は、「多数から比較すること」です。

太陽光発電を導入して経済的にメリットを出さなければなりませんから、イニシャルコストもランニングコストも最小のものとしなければなりません。また、太陽光発電設備は冷蔵庫やテレビのように、品質が一様な完成された製品を購入してきて単純に設置すれば済むといったようなものではなく、設置する現場の状況に合わせた工事が発生する代物(すなわち工事の施工次第で品質が変化するもの)なので、いわゆる価格比較サイトなどで施工まで含んだところでどこが良いかを知ることはできません(それでもおおよその相場を知ることはできます)。製品そのものの価格についてはつかめるにせよ、工事の部分については見積もりを取るほかないというのが結論です。

多数の業者さんの相手をするのが大変になりそうだなぁと思いつつも、インターネット上の見積もりサイトを利用しました。見積もり数は多ければ多いほど安いものにめぐり合える可能性が高くなるし、見積もりサイトからは若干のポイントを得られることもありますから・・・(ハピタスとか)。でも、業者さんがどっと押し寄せてくることを覚悟しなきゃいけないです。

結果、首都圏や関西圏を中心とする比較的大手の業者さんが5社程度、地域密着型(概ね県内)の業者さん7社程度からオファーをいただくことになりました。当初は20社くらいを相手にしなければならないかなあと考えておりましたから一安心しました。

 

見積もりの仕様ですが、

  • 屋根の上に概ね3~4kW載せること
  • 工事費・申請費等すべての費用を含むこと(ただし内訳を明示)
  • 保証やアフターサービスの期間やその内容を明記すること
  • 投資回収期間算定の参考となるデータを示すこと

等です。この時点では製造メーカの希望はなく、コストメリット最優先との考えです。これから業者さんから提案をいただく中で考えていこうと思っています。

 

メールやFAXにて対応が可能なところがほとんどでしたので、先方からのリクエストに応じて住宅の図面(平面図・立面図・全体配置図)を送付しました。見積書もメールやFAXで送られてくるので、私としても対応はラクです。一方、「現地調査に伺いたい」や「見積もりを持参するからお話したい」との業者さんも複数いらっしゃって、週末の休日の対応はなかなか忙しいものとなりました(ピーク時で午前2社、午後から3社といった感じです)。

このプロセスを踏んで最終的に2社に絞り込むこととなりました